ソレックスのジェット

NEKOを使用したセッティングを行っていた際、恐ろしいことに気づきました。


二人分のジェット。キャブ歴が長い&様々な仕様を試してきているので種類も幅広くあります。ジェットブロックも何本もあるので、あらかじめブロックにジェットを組んでおいてブロックごと交換、セッティングを快調に進める事ができました。


この二つのメインジェット(MJ)の番手はどちらも#165。直径の大きいのが「□」って感じの刻印が打たれたミクニ純正、小さいのが某ショップから購入したもの。
この某ショップのジェットに危うくハメられる所でした。
#240のエアジェット(AJ)を#220に変更した際、#165のMJが2組あったので、あらかじめ別のジェットブロックにMJ#165とAJ#220を組んでおいて、MJ#165-AJ#240のブロックと丸ごと交換したのですが、MJ受け持ち領域に入った瞬間14.5〜15に薄くなるという、どう考えても理屈に合わない事態が起きました。ちょっと悩んでしまったのですが、MJがおかしいと考えると辻褄がすっきりあいます。
よくジェットの穴径を見比べてみると、某ショップのジェットの方が明らかに径が小さい!つまり同じ#165でも同じ空燃比にならないのです(某ショップの方がはるかに薄くなります)。
究極のセッティングの際にはジェットは全てミクニ純正を使いました。

ジェットはミクニ純正を買いましょう。他人のジェッティングを参考にする際には番手だけでなく、使っているジェットのメーカーを確認しましょう。ジェットの穴をリーマーで加工して使うショップもありますので、ライバルの番手をこっそり盗み見て「なんでこんなに薄いんだ??」と騙されないようにしましょう(w


TOPへ  
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system