スロットルワイヤの調整

原田商会のインマニのリンケージタワーに普通にスロットルワイヤを付けるとこの様になります。

しかしこれは本当はNG。

正しくはこちら。

扇型ワイヤレバーの角度が違います。なぜこの様に取り付けるかというと、


スロットル全開で、リンケージシャフト・ワイヤのタイコ・ワイヤのアウター固定部が一直線になります。これ以上アクセルペダルを強く踏んでもリンケージシャフトは回らず、せっかくシビアに調整したリンケージがずれるトラブルが起きません(^^


しかしそのままだと当然ワイヤが長すぎるので・・・


ペダル側でワイヤ長を詰めてやります。このパーツはホームセンターで普通に売られています。


この写真にはもうひとつ工夫があって、扇型ワイヤレバーに取り付けたタイラップ、これでワイヤのタイコのずれを抑えています。対策用にアルミ鋳造のレバーも売られていたような気がしますがこれでも十分です。



TOPへ  
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system