簡易幌製作

◆ ついに出来ました! ◆

私のも弟のも幌無しのハードトップのみになっています。
10年近くもオープンカーに乗っていれば、今さらオープンにしたいとはあまり思わないのですが、年に何回か無性に開けたくなります。でもさすがに幌無しではそれほど遠出する気にはならないんですよね。万が一の雨も嫌ですけど、日差しが強すぎてもドライブは台無しですし。M2-1028の様な簡易幌 (参考:伊藤ふとん店さん)が欲しかったのですが手に入らないですし、デザイン上でももう少しシンプルなのが欲しくてここ一年くらいずっと考えていました。特に悩んだのがAピラーとの接合です。1028はファスナーとなっていますが、出来ればボディー側は無加工で付けれるようにしたいと思っていました。
色々悩んだ末にフロントガラスに吸盤で取り付けることにしました。レバー式ならかなりの強度がありますし、100円ショップでも売っているので、もし飛んでいってしまっても惜しくは無いです(後ろの車には迷惑だけど・・・(^^;)。


ちょっとスパルタンな印象でわるくないでしょう?


リアビューイメージは大人の女性のガーターベルトジムニーのビキニトップです。あくまでエマージェンシーと考え、「人が濡れなければひとまず良いや」ということでリアウインドウはきっぱりと無しにしました。
リア側取り付け部のアップ。ハードトップ取り付けの金具に引っ掛けます。一見取れちゃいそうですがこれで大丈夫です。


フロント側のアップ。三角窓の部分にストラップを出してドアに挟み込ませています。


ストラップは輪にして引っ張りやすいように工夫。昔のヤン車の吊り輪みたいでかなりお気に入り(笑


純正の幌に近い雰囲気の質の良い表皮を使用しています。縫製が表に出ないように工夫してあります。


ロールバーへの取り付けはベルクロを選択しました。取り付けの簡単さを優先したのと、頭上でストラップが風にはためくと気になるので、ちゃんと端が留められるように、という配慮です。表皮とは別の素材を使って内張りを付けてあります。二重構造なのでストラップの縫製が表に出ないのです。


2台ともロールバーはオクヤマを使用しています。少したるむのが気になるのでタックを追加してピンと張らせる予定です。


将来的にはサイドウインドに垂れ掛けるようなひさしを追加し、雨が肩に落ちてこないようにするつもりです。普段は内側に折りたたんでベルクロで留めておけばOKですね。


格好いい・・(^^


気になる強度ですが、とりあえず街乗り程度は問題ないようで実用性も十分です。
高速道路ならオープンのままでも土砂降りになったってほとんど濡れないのでオープンと(笑

暖めていたアイディアを高い技術で見事に形にしてくれたのはレイニーワン(札幌)011-783-8533です。シートカバーとは思えない(どう見ても張り替えたようにしか見えない見事な立体裁断)シートカバーなどを現物あわせでワンオフ製作している腕を見込みました。
型紙は出来たので、同じものが欲しければすぐ出来るそうです。また社員がNAロードスターを所有しているので純正シートのカバーなら現車無くても大丈夫だそうです。






TOPへ

inserted by FC2 system