2001年1月4日

皆さん明けましておめでとうございます!

今年もがんがん弄ります。お付き合いの程よろしくお願いいたします!

いきなり重たい画像でごめんなさい、神棚から下ろしてきた(笑)虎の子キャリロHコン(マルハモータースにて購入)とノーマルコンロッドとちゃぶ台です。これからの更新予定はこんな感じ・・・って色々と掲示板に書いたら一番反響があったのがちゃぶ台・・・じゃなくてコンロッドでした。ですよねぇやっぱり。高回転を狙うと一番初めにネックになるのがコンロッド、いやぁ〜濃い人ぞろいで嬉しい限りです(^^;;;励みになりますホント。

たっぷり引いたところで素材からして違う虎の子コンロッドを紹介いたしますね。

ここに来てくれる皆さんならご承知でしょう、ノーマルコンロッドの裏側に何が起きているか。良く見てください、よく見ないと写真が悪くて分からないから。ハウジングの表面(=メタル背面)に黒い焼きつきが見られますね。マツダB型エンジンには付き物のフレッチングっていうやつです。

で、フレッチングって何?(爆笑)

私の拙い知識では主にコンロッドのハウジングの強度不足によりメタル背面にオイルが入り込みそこで焼きつく現象だと思っているのですが、どうでしょう?メタル背面の温度は低い方が良いわけで、焼きつくことによりさらに熱伝導が悪くなりメタルの背面温度が上がる、結果メタル焼きつきに繋がる悪循環のきっかけとなるのでは、と思っています。もちろんメタル自体のヘタリによっても(いわゆる張りがなくなる状態)起こるでしょうね。焼きつかない範囲で回すのであれば放っておいても別に良いと思うのですが。

良くメタル背面には決してオイルを塗布して組んではならないと言われるのはここから来ていると思っています。某「間違いだらけのウホホホホ」で書いている「オイルがごみを呼ぶから」・・・は嘘です(ホント?)。

キャリロではこの現象は起きないそうで期待しています。

Hコンはロッド部分だけでなくキャップの部分の肉抜きもH型なんですね。もちろんノーマルは逆に出っ張っています。これはどちらが良いというものでは無い気がしますが、メタル荷重分布を考えるとI型のほうがH型より優れているそうでキャップ部分でも同じ事がいえるのかもしれません。もっとも私の使用回転域を考えるとどちらでも良いや〜、と思ってしまいます。ところでHのロッドサイドの掘り込みは結構深いんですね、ビックリです。

合口の強度を何より欲した私としてはキャリロの合口形状は不満が残っています。出来ればリブ形状は真円ではなく合口に向けてテーパーに広がっていてほしかったなぁ・・・

一方ボルトは素敵なつくりです。何でも航空機の部品精度だとか?指定トルクは6.23kg/mです。ノーマルがスタッドに14ミリナット締めなのに対しキャリロは10ミリの12角ボルト止めです。重量を測りたかったのですが、なんとこのボルトがものすごいトルクで締まっていて外れません(苦笑)。きちんとした万力に挟んで外さないと無理。鏡面にしてまで疲労強度を上げたい部品です、何時ものように巨大モンキーや卓上万力に挟むのは止めておきました。傷を入れたくないですからね。

小端部の比較画像です。ノーマルがブッシュ圧入であるのに対し、キャリロはブッシュ無しで怪しげな(笑)加工がなされて金色になっています。何だろこれ? ピンとの接触面はノーマルのブッシュが滑らか(使用後だから?まさかね)なのに対しキャリロは細い筋が切られています。ちょうどブロックのクロスハッチの深いような感じです。ノーマルはブッシュの穴が面取りされそこからX型にピンを一周する溝が切られています。キャリロはこの溝は無しです。オイルを保持する方法の考え方の違いなのでしょう。小端部のオイル穴はノーマルが頭頂部から一個に対しキャリロはHの溝から左右二個です。オイル穴を二個作れるのも溝無しでいける理由なんでしょうね。キャリロのオイル穴は一番上の写真でちっこく見えますね。ちなみにハウジングの中も小端内側と同じように細かな筋があります。この加工の理由は分かんないなぁ、メタルとのフリクションを増すことでメタルが回るのを防ぎそうな気もしますけどオイルを噛むことを考えるとマイナスの気もするし?

大きさ的には小端部はほぼ同じに見えますが実はちょうどブッシュ分だけノーマルの方が大きいようです。

で、Hコンの一番の利点と言えば軽いことらしいですね。私的には「ノーマルよりは多少軽いんだろうが基本的に重量同じで合口強度が上がればそれで良し」だったのですが。とっても嬉しい誤算です。

論より証拠、見てください、この重量!!! ノーマル=550gに対し100g以上も軽いんですよ! 戸田ピストンの若干の重量増なんて全く気にならなくなっちゃいました♪

高回転「嗜好」の方はメニュー決定の際にご一考を。

やっぱり高いだけあるよね。(笑)

余談:今回のHP更新にあたり「タニタ」の秤を探したところ何時もの場所に無い・・・「あ、ケーキ作るのに使っちゃった」だそうで・・・そりゃ確かに台所用ですよ ですよ ですよ・・・

でも私にとっちゃあ大事なエンジン弄りツールじゃあ、そんなことにつかうなあぁぁぁぁ!!!

とは言えない私でありました(苦笑)。

TOPへ

inserted by FC2 system