インジェクションタイミング変更 3

さらにインジェクションタイミングを弄ってみます。
巡航時の排気音とそこから踏み込んだレスポンスは噴射時期を目いっぱい早める事で良くなりました。これだけ変わればA/Fに影響が出ているのではないか・・・と思い、NEKOを装着しMoTeCでログを取ってみました。


アクセル開度10%のログはサンプルのバラつきが非常に大きく比べにくいものの、やはり以前の噴射時期より薄くなっていました。A/F=13.9〜14.7になるマップなのですが、最大で0.5程度薄くなっているようで低回転ほどその差が大きい傾向。

アクセル開度20%になるとサンプルのばらつきが減ってログが見やすくなってきます。


左側が変更後。ちょっとサンプル数が少ないので信頼性に乏しいですがさほどの違いはないようです。


さらにアクセルを踏み込み30%。この領域では明らかに変更前の方が良いです。


アクセル開度50%以上はサンプル数がさらに少なくなるのでまとめて表示してみました。ここでもどのアクセル開度/回転数でも変更前の方が良いです。

一番良く使うアクセル開度の低い領域での好印象に引きずられていましたが計器は正直ですね。中開度もむしろ良くなったと思っていたのですが、レスポンスにつられて踏まされていた故のトルクアップだったのか・・・乗った感触では分かりませんでした。

さて、この結果を受けて、アクセル開度10%は目いっぱい進め、30%以上はバルブ開く直前に噴射終了させる、というインジェクションタイミングマップを作ることにします。ただ、インジェクションタイミングの負荷軸は0,20,40,60,80,100%となっており、10%だけをピンポイントで弄れないのが残念。
10%の開度において、バルブ閉じ終わりと同時に吹き始めるように噴射終了時期を個々に計算してみると、大体130〜180°になります。10%は0%と20%の平均になりますから、0%に110を入力すると{110+400}÷2=255で希望よりちょっと遅いですがまあOKでしょう。110より進めると0%からのちょい踏みでバルブの閉じ終わりに吹いちゃいますからNGです。

それなりに根拠のあるインジェクションタイミングマップが出来ました。3000rpm4速で流しているときのアクセル開度が10%位、そこからちょっと踏んだ時の音と後から押される感じがたまりません(^^ 400°と112°の間、300°あたりもいずれはためしてみますかね。



TOPへ

inserted by FC2 system