ベースエンジン分解 2


黙々とばらしていきます(^^


オイルポンプは何だかドロドロ。このオイルポンプは利用しない(1974に使っているNB2ポンプを使用するのです)ので、ブロックとの合わせだけ綺麗になっていればOK、なのですが・・・。使用距離が少ないのでお掃除してストックします。これも弟行きかな(笑)。


広い面を綺麗にするには台所用品が結構便利です。吹き付けて放っておいて後でブレーキクリーナーを噴射すると一気に綺麗になります。

ヘッドカバーとヘッドの間を十分掃除したらパカッと開けてみます・・・さてどんなオイル管理をされていたのかな・・・


こんなん出ました。この色は・・・幻のマグネシウムヘッドじゃないですか!!(-_-
・・・オイル管理はあまりよくなかったようですね。まあこんなもんでしょう。


ヘッドボルトを対角線上に緩めていきます。ブレーカーバーで緩めて横向きインパクトで片っ端から外します。いっぱいある&中腰なのでエアツールのありがたみを実感する作業です。


全部緩めたら一旦ヘッドカバーをかぶせて・・・
(なんで革靴なんだろ)
(スニーカーだと家に出入りする時に紐がめんどくさいから)


パカッと。
多少オイルがこぼれる場合がありますので、


すかさずひっくり返して置いておくとよろしいかと。ガスケットがヘッド側についてきましたので、これをはがしてヘッド面を脱脂し、ガムテープで蓋しておきます。このヘッドは使わないのでこのまま保存します。

まだまだ続きます


TOPへ

inserted by FC2 system