コイルホルダー 再製作

アルポリックで製作したコイルホルダー。当然ながら少し強度が足りませんでした。ボルト締めこむと変形しちゃうんですよね。厚めのアルミ板で作るべきなのですが加工が面倒くさかったので手抜きしたんです。
ネジが緩んでコイルが外れてトブ前にちゃんと作り直してやりましょう(^^;


持っているホルソーが安物でアルミ厚板には歯が立たないので、ドリルで小穴を開けてニッパーで繋げヤスリで整える、いつもの手を使います。これだと正にジャストサイズの穴が開けられるのがメリット。
時間はすんごく掛かりますけどね。


ナッターを買うときにうっかりして、M5までしか対応してないのを買ってしまいましたorz。コイルを留めるM6のボルト4本のためだけにナッターを買いなおすのが嫌だったので、ボルトナットで締めこんで無理やり圧縮・固定(^^;
ちょっと力要ります&斜めにならないように気を遣いますが、何とか固定できます。ショボいボルトを使うと伸びてしまい、外せなくなりますのでご注意を。


はい、完成(^^
コイルについているダストブーツがギリギリはまる穴サイズにしました。テーパー付けたので、押すと簡単にスポッと音を立ててはまり込みます。けっこ気持ち良いです。
ホルダーとヘッドカバーの間に隙間が空いているので、切れ目を入れてC断面にしたホースでも縁に付けてやりますかね。
合わせてみたら格好良いので今回は色を塗らずにこのまま使ってみます(^^)。



TOPへ

inserted by FC2 system