1月20日(土)

今日は良い天気でした。寒いのは相変わらずですが、風がなく時折太陽も顔を出してくれます。今だ!!とばかり外でしかできない作業に取り掛かります。

家の中でのブロック側の加工は終了したので、雪の残る裏庭でブロック洗浄を行います。うう〜我ながら寒そうな写真だ。でも今日はそれ程でもなかったんですよ。

にゃじごん浅野さんが教えてくれた噴霧器が大活躍です。洗浄液にはガソリンが良いよ、とも教えていただいたのですが、買いに行くのが面倒だったので(笑)灯油を入れました。べたべたするのといつまでも臭いのが欠点の灯油ですが寒いので臭さは感じませんでした。仕上げにブレーキクリーナーが必要ですが、全てブレーキクリーナーでやるよりずっと良いです。

ブレーキクリーナーの圧(流量)はそれほど強くないので、油圧経路がちゃんと洗浄されているのか不安になりますが、噴霧器は気合入れてポンピングすれば他のオイル穴から勢い良く洗浄液が噴出してくれました。ブロック外側はブラシを掛けて綺麗にしてあげました。塗りを入れようかとも思ったのですが、このままでも結構綺麗です。

仕上げのブレーキクリーナーで灯油を洗い流し、ある程度水気が落ちるのを待って大至急家の中に持って帰りました。すぐにオイルを塗布して錆を予防します。洗われたブロックは冷えまくっているのでそのままにしておくとすぐに結露します。ブレーキクリーナーで油分が飛んでますから油断するとすぐ錆びちゃうので注意しましょう。

家の中に持って帰ってきたブロックに#1#5の親メタルとスラストメタルを載せ、その上にクランクをそっとセットします。#3の位置にダイアルゲージをおきクランクの振れ測定を行います。測定結果は振幅幅20μm=0.02mm=2/100mm(しつこいって)!!これって少ないほうじゃないですか?
#整備書に載っているクランク振れ数値ってこの値の事でしょうか?それとも測定値を2で割った数値でしょうか?整備書の限度値は4/100mmですね。いずれにしても限度値には程遠いものの修正にお金を使うべきかどうか、ん〜悩みどころだ。

#01.2.11追記
測定値=「振れ」だそうです。
測定値の2分の1=「曲がり」になります。
整備書は「クランクシャフト振れ限度値」=0.04、となっています。

さて話は変わってオイルパンのお話。例のMBSPを使うに当たって役立たず君になっちゃったNAパンに替わる期待の星です。こいつが無事にNAのエンジンルームに納まってくれればいいのですがNBになって変更されたメンバーとキスしちゃったらどうしよう・・と不安だったのですが。

結論を言うと取り付けに当たり問題となりそうな箇所はありません、というかNAのとMBSPの逃げ以外は全く形状がいっしょ。パン容量が増えたというのはガセだったらしい、一安心です。

TOPへ

inserted by FC2 system