ビデオステー製作

走行会に向けて、ビデオカメラのステーを作成します。
ロールバーの斜行バーに、L字断面のアルミ板をホースバンドで固定します。


ボルト穴を開けて、爪付きナットを埋めます。
相手が木なら勝手に爪が食い込みますが、アルミじゃそうもいかないので、小さな穴を4つ、周りに開けてやります。


裏から見るとこうなります、これでロールバーにボルトが食い込まずに済みます。


短いボルトをスプリングワッシャーを挟んで締め込みます。


3次元に動ける様に可動部が3つ必要です。干渉する部分をグラインダーで切り落とし、組み合わせていきます。


カメラ自体の固定はこんな感じ。台座にタップを切って短いネジを締めこみ、カメラ側に突き出します。ワッシャーは突き出す長さの調節用。


こうなります。
少しでも広角になればと、リアウィンドウ寄りに取り付くようにしました。左側は市販のカーナビ用のステーです。これで簡単につくんじゃね?と思ったんですが、ぐらぐらして役に立ちませんでした。つーか、この自作ステーでもまだちょっとぶるぶる震えるんですよね・・・。
もうちょっと改善の余地ありです。加工が大変になりますが、もっと厚いアルミ板を使えばよかったかも。




TOPへ  
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system