TOP -週末の楽しみ〜bug SIDE〜 -週末の楽しみ468

FUCHS 6J×15

フロント用のFUCHS。


6Jフラットです。
前のオーナーが途中まで塗装を剥いでくれていました。
花びらにアルマイトが残っていましたので、研磨ではなく剥離剤を使ったような感じですね。


ディスク面にJWLと+35の刻印がありました。
+36だと思うんだけど・・・。JWLマーク(=国交省の刻印)と一緒に日本に来てから打たれた刻印なのでしょう。削り落とそうかと思いましたが、何となくこれも歴史かなとそのままにしました。


今回はこのタイプのディスクが大活躍。
入り隅はコレじゃないと削れませんでした。


右端のだとあっという間に減ってしまい非経済的。左端のがオススメ、一枚あればOKです。
削りやすい花びらは真ん中のか右端で仕上げてやると後のペーパー掛けが少し楽になります。


出来ました。一本当たりグラインダ掛けに3時間、ペーパー掛けに2時間。
谷間部分はリア同様に梨地で仕上げるつもりなので、磨いていません。アルマイトを剥いだところまででやめてます。


STREET VWの記事からちゃっかりスキャンしてきた画像。
見ての通り6Jにはディープとフラットの2種類あります。

15インチ純正FUCHSのサイズは僕が知る限り、
4.5J [901.361.012.01] 42mm ET
5.5J [901.361.012.04] 42mm ET
6.0J [901.361.012.00] 36mm ET
7.0J [901.361.012.05] 49mm ET

6.0J [911.361.020.10] 36.0mm ET
7.0J [911.361.020.41] 23.3mm ET
8.0J [911.361.020.42] 10.6mm ET
9.0J [911.361.020.03] 3.0mm ET
11.0J [911.361.020.05] 0.0mm ET
ってなっており、幅によってスポークの形が異なっています。


6Jはリムから一段落ちた面にスポークが繋がっていますが、8Jはリムから2段落ちてからスポークに繋がります。このため1センチくらいスポークが短かく、結果6Jと8Jでは花びらの大きさが違うのです。
ブラック&ポリッシュで仕上げるとこの違いが目立ってしまうので、梨地で仕上がることにしたのでした。
4.5J、5.5J、だとオフセットが多くなるのはありがたいのですけど。
スポークが内側に折れてからリムに繋がるタイプなので、7J、8Jの平面のまま2段リムに繋がるスポークと組み合わせると違いが余計に目立ってしまうので、6Jフラットで行くことにしました。

コスミックに比べて幅が0.5インチ、オフセットが10mm増えてしまうため、当然そのままでは入らない訳なのですけど・・・。


センターキャップは3本爪ではなく筒のタイプでした。
3本爪のがカッコイイのですが、こっちのが安心感はあるかも。
キャップもポリッシュ仕上げにしました。


キャップがあったほうがカッコいいですね。
キャップは二つしかついてこなかったので、もう二つ探さなくては。

# 手磨き作業は酔ってないとやってられませんね(笑)。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system