9月9日(日)

走行会に向けて気合の乗るズボンプレッサ氏が小物を作成しました。

彼のインプレッサは私のロードスターとは違って、日常の足として使っているごく普通の車なので、当然ロールバーなどは一切組まれていません。そういった車の場合、車載ビデオの固定に悩むことが多いと思います。フロントウィンドウに吸盤で固定するものや、複雑な構造の専用ステーが市販されていますが、お値段が結構高いので自作してみました。

まずどこに固定するかを考えます。シートに固定するケースが多いですが、これだとどうしてもブレてしまいます。カチッと取り付けられるところがどこかに無いでしょうか? 当初シートレールの固定ネジからステーを出して三脚の足を固定しようと思ったのですが、2本は良いとして3本目が固定できません。よって却下。

最終的に目をつけたのがリアシートのアシストブリップの固定ネジ。グリップを取り外してステーを固定し、ステーにポールを取り付けて、左右に突っ張らせることにしました。


グリップの付く屋根部分にはかなり傾斜がついていますので、傾きに合わせてステーを曲げてやります。
縦のステーから伸びているポールは「手すり用」としてホームセンターで市販されているものです。ステーとポール、ポールとビデオカメラ台座の固定も、手すり用部品を利用することですっきりと作ることが出来ました。
なかなかの仕上がりでしょう?


カメラ台座も楽に作れるようにと考え、L字のアングル材を活用して、リベット止めでしっかりと作りました。

下はロードスター用のカメラステー。
ロードスターにはロールバーが付いてるので固定は楽勝です。U字ステーを使ってロールバーからぶら下げて固定します。

カメラ台座はズボンプレッサ氏のと同様、L字アングルとアルミ板、リベットを使って作ってあります。私のカメラは自重があるため、ブレを少なくするためにスポンジを貼ってカメラを押さえ込むようにしてあります。

これで走行会後も恥ずかしい映像(?)で盛り上がれるというものです、ね>ズボ氏(ぷ

TOPへ  
 

 
 
 
 
 
inserted by FC2 system