TOP -週末の楽しみ〜ROADSTER SIDE〜その四 -週末の楽しみ517

MoTeC Monitor 2

まずはブレッドボードに刺して動作を確認します。


無事に動いた〜〜!の図。
ここまで来るのにかなり手間取ってます(^^;;;
間違った点。
室内で作業するために5V電源とGNDを別に用意してたのですが、MoTeCと接続する際に信号線のみ入力して、電源とGNDそのままにしていたために信号を受けられず。


MoTeCとPCの接続には専用の変換ケーブルがあるのを完全に忘れていました。このケーブルを取り除いて直接モーモニとMoTeCを繋がなくちゃいけません。
さらにはMoTeCのテレメトリの設定を間違えていました→19201 data set 0です。


久しぶりにMoTeC本体をほじくり出したのでついでにシリアルナンバーを確認。1217です。

ちなみにPIC書き込みは、ソフトを理解するまで結構大変でした。
あっちこっちのサイトを見て情報を繋ぎ合わせて何とか出来ました→面倒なので自分でググってください(笑)。


んでもって後は実装すればいいだけ、楽勝!と思ったのですけど。
あたくし、こんなに半田付けへたくそでしたっけ?(笑)
何とか形にはなりかけたのですけど、最後に間違い発見してしまい、さらにPIC刺したら「ぱき」と音がして基盤から端子が剥がれましたorz。基盤から浮いていても導通しますけど気持ち悪いですし。心が折れちゃいました。


ちっちゃなブレッドボードを使って、このまま車に取り付けちゃうことにしました。


液晶とPICも取り付け。電源投入してみます。


問題なく表示出たのでブレッドボード同士を貼り合わせて最終形態に。


電源投入時にSWを押しているとコントラストと、表示周期を変更できます。


LEDはMoTeCからの信号を受信すると点滅します。
車に取り付けちゃうと見られなくなりますが、一度確認すればもう必要ないっちゃ必要ないのでこれでよし。


無事にMoTeCからの信号も受けられていることを確認したので、車に取り付けちゃいます。
こういう作業は得意(^^)。
IDINのボックスに入れることにしました。
このボックス、上手い具合にしなっていて真ん中の天地が狭くなっています。
ちょうどフェイスプレートを上下から挟み込んでくれる格好です。
しかも左右に出っ張りがあってそれ以上奥には押し込まれないという。理想的。


ブレッドボードと液晶をホットメルトで固定。


フェイスプレートと液晶はM3のボルトで固定。液晶の端子がフェイス裏面に触れないよう、ワッシャーを3枚挟んでスペーサーにします。


フェイスはなんちゃってシボ塗装します。
缶スプレーなんですけど。殿に軽井沢MTGで教えてもらったマル秘技です。


RS232Cの端子も廃品利用で上手いことでっちあげられました。たしかISDNモデムの配線です(笑)。


フェイスプレートをボックスにはめ込み。
はまってるだけなので、薄い鉄板入れてほじると簡単に外せます。
今後PICの書き換えも考えているのでその辺も重要。


完璧です。
なんてカッコいいんだろう。
かむるちさんにはどんなに感謝しても足りません。


寒いので液晶の反応がちょっと鈍いですね。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system