TOP -週末の楽しみ〜Weekend Carpenter SIDE〜 -週末の楽しみ665

バイクラック製作

竹垣を仕上げてしまいたかったのですけど、モノが届かず。
時間が空いたので以前から気になっていたガレージの細々した事を片付けてしまいます。


バイクラックです。ネコの自動トイレを置いたので玄関から追い出されてしまったバイク2台をガレージにしまうことにしました。邪魔なので出来るだけ高く吊っています。


丸棒を平板に溶接しただけのシンプルなデザイン。強度が不安になる形ではありますけど材料がごついので問題なし。ただゴツイ分、溶接に手こずりました、2mmの溶棒を使ったのですが100vアークではパワーが足りなくて両方を同時に溶かすことが出来ませんでした。アークスタートして出来るだけ熱を溜めてから相方にゆっくり移るのですけど、何度やってもビードがまたがってくれません。平板と丸棒、どちらから始めても結果はNG。仕方なくKeigoに100vノンガス半自動を借りて、モリモリに溶接しました。見た目は悪いですけど、盛りまくらないと熱が足りなくてブツを溶かせないのです。平板に穴を開けて裏表から溶接したのもあってガッチリくっついてます。
でもこういうのこそホントはアークで付けたいところ。200v引こうかな。


スッキリと収まっています。
丸棒にはホースを被せて傷を防止、紐で固定しています。最初、丸棒の端をバーナーで炙って上に曲げたのですが、どうせ地震対策で紐で固定するなら要らないなと気づいて止めました。曲がってない方がバイクを掛けやすいし。


MTBの方はハンドルが長いので、ラックもその分長くなります。ロード用と同じく作ったのですけど、長い分こっちはちょっと強度が心配。溶接部分が取れることはないでしょうけど、根元の平板が曲がりそう。


補強を入れました。
これくらい細いとうまくビードが跨ってくれました。
あと、ハンドルを90度回してやれば壁にくっついて収まる事に気づいて、めんどくさがらずにそうすることに。そんなにしょっちゅう乗るわけでも無いので。


ロードよりむしろ壁に近く収まりました。
これなら補強いらなかったですね。


去年のカーショーで使ったショーボード。壁にインストールしました。


アメリカで頂いたデコレーション。


バドワイザーのドラッグレース場向けバナー。日本では手に入りにくいかも。


オーバースライダーを開けるとまたいい感じ。


庭木についても勉強しなくては。
テーブルの脚、苦労して溶接で作ったもの。自在キャスターが無ければ簡単だったのですけど。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system