TOP -週末の楽しみ〜ROADSTER SIDE〜その六 -週末の楽しみ888

インジェクター交換

インジェクターを交換しました。
ずっとちゃけさんに頂いたバイク用を使ってました。250cc@300kpaのに400kpaかけて280cc、これを全噴射で使用していました。
(以下、圧力単位が入り乱れてますけどご容赦を)


今回、実は2度インジェクターを替えています。
最初に使ったのがベージュの方で、プリウス ZVW30用 2ZR-FXE DENSO 23209-39146で公称300cc/min。
緑が1ZZ用でDENSO品番は23260-22040。容量は295cc/min、らしいです。


プリウスと今までのバイク用の比較。長さが全然違いますが、モジュール設計に見えます。


噴射孔のデザインもそっくり。


NA8純正インジェクターとの比較。長さが少し異なっていて、


フューエルレールとの間に入るこのパッキンが入りません。
でもこのパッキンは無くても良いみたいです。インジェクターとレールの間の気密は別にOリングありますし、ヘッドとインジェクターの間の気密が気になるようならOリングを一つ噛ませてやってフューエルレールとヘッド間にギュッと挟み込んでやると良いみたい(後述)。


残念ながらカプラー形状は異なっていました。右二つがバイク用。なぜかプリウス用はグレーと黒が二つずつです。


んで走らせてみると公称300cc@300kpaに4.0kgf/cm2かけてるのに全噴射でも13台と薄い・・・燃圧がどうにかなってるのかと思ってチェックしてみましたが、確かに高回転で電圧低下が起きていて(13vほど)その分燃圧が3.8kgf/cm2に低下していましたが、それにしたってこんなに足りないのはおかしい。


プリウス用はあきらめて、代わりに出してきたのが1ZZ用。元々は銀ドラ号で使ってたやつで、燃圧がどうだったかは知りませんが2リッターに300度のカムとビッグバルブを組んだエンジンで足りてたのできっとダイジョブなはず。



新品のカプラ―があったのですけど、なんとプリウス用と共通で交換の必要ありませんでした。


ついでにフューエルレールも交換。上が今までので、下が赤マット氏謹製。どちらも純正加工品なのですが、今回の方がホースの取り付け部分の形に安心感があるのと、溶接時に気を遣ってバックシールドガスを内部に流して溶接が裏にはみ出すのを防止してあります。


NAのBPヘッド用のフューエルレールは純正のままだとガソリンの出入り口がITBと干渉するんですよね。NB用ヘッド+NBフューエルレールだと大丈夫なのですけど。


1ZZも12ホール。


インジェクターがついてないとなんかぱっとしないっすね。


フューエルレールとヘッドの間に挟まるカラー、だいたい落っことして泣くはめになるので、こういう形で支えてあげると良いかなと。レールを取り付けた後で除去します。



前述のOリング、こんな感じで挟まります。耐ガソリンじゃなくてもOK。
ラッパ形状に入り込むので、実際に働く長さはわずか。アドバイス頂いたちゃけさん、もちゃさん。いつもありがとうございます。

んで走行してみたのが、この一つ前の記事の空燃比。
見事に濃くなってくれてホッとしました。
今回思い知ったのはインジェクターの公称値は全くもって参考程度にしかならない、ということ。今まで使ってたバイク用が足りてたのも逆に不思議ですし。
仮に最大吐出量が同じでも、無効時間が異なるために通電時間に対する吐出量は異なる可能性も高いこと。NBのインジェクターをNAに流用するとブローする、のは田畑さんが報告してくれてたと思いますがさもありなん。インジェクターの流用は結果を確認出来てセッティング変更の対応が出来ないなら・・・安易にやっちゃだめですね。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system