TOP -週末の楽しみ〜ROADSTER SIDE〜その六 -週末の楽しみ892

ラジエターファン配線やり直し

うちの車の配線は、NA8C純正ハーネスとMoTeCの純正ハーネスに加え、後付けされた配線もあってぐっちゃぐちゃでした。昨日みたいなエラーが起きたのは初めてでしたが、ずっとやり直さなければと思っていたので、良い機会と思い徹底的に見直すことにしました。まずは大事なMoTeCの電源とアースを見直し。純正ECUがいなくなったのでその電源をもらうことにして、MoTeC専用に用意していたリレーは撤去。アースポイントはMoTeC純正ハーネスの遠端で、バルクヘッドに固定されています。書いていて気づきましたがエンジンブロックに伸ばした方が良いですね。やろう。やったらここに追記する。
SOLEX50から111スロボに変えた際についでにラジエターファンの制御を純正ECU→MoTeCに変更したようですが詳記されてません。記憶が・・・。「MoTeCの出力って0.05vしか出てないのですね。0.05vじゃあリレーを動かすことは出来ないのでどうするんだろと思い茶毛さんに電話。マイナスコントロールだそうで。リレーの信号線をING+に接続、アースをMoTeCの出力線に接続すればOK。」とだけ書かれています。


MoTeC M4のワイヤリングダイアグラムを見るとちゃんと書いてあるのです。右下のNote4と5がそれで、AUX2〜4はマックス0.6アンペアまで吸い込むことが出来る、と。ちゃんと読まないとですね。
で、この時は社外品のリレーを使用し、エンジンコンパートメントから室内のMoTeCまで後付け配線を引っ張っていったのです。手間はかかるけど頭は使わなくていい方法を取ったんですね。これをやり直します。


純正ハーネスのECUカプラ。指で押さえている1L(黒緑)がファンリレーに繋がります(純正ECUもマイナスコントロールで、リレーのピンアサインは 入力+/出力+/IG+/ECUへ、です)。


エンコパにあるヒューズ・リレーボックス。6がラジファンの電源供給線です。ここから画像にあるクーリング・ファン・リレーに入ります。


クーリング・ファン・リレーB3-01のピンアサイン(リレーボックスの表側)はこうなっています。


リレーボックスの裏側のカプラ―のピンアサイン。
右下の黒緑が先ほどのECU 1L に繋がる信号線で、アースとして働きます。重要なのはリレーのコイルを駆動する電源は必ずIG+でなくてはいけない、ということ。常時電源を繋いでしまうとECUに電流が回ってしまい、オフにできなくなります(GENさんご指摘ありがとうございます)。
今回のうちの車のトラブルはこの原因ではなかったものの、気を付けたいところです。


ヒューズボックスを外して裏返し、配線の状態を確認します。後付けの配線が割り込み追加されていましたが元の配線は切断されていませんでした。後付け配線を除去して、次に進めます。


エアコンはありませんがコンデンサファンは付いています。ファンが一つだけだとファンで後ろに抜かれた熱い空気がまたラジエタを通過して前に回り、ぐるぐる回ってしまって冷えないのです。コンデンサファンのECU端子は2S、指で押さえている青白線です。


運転席側ヘッドライトの脇にあるでかいカプラがエアコン用。その中の黒白がIG+、青黄が常時電源、黒がGND、青白が先ほどのECUからのコンデンサファン信号線です。NA8Cはエアコン無しが標準だったため、コンデンサファン用のリレーは純正ハーネスには含まれておらず、別に用意する必要があります。常時+が電源入力、IG+がリレーコイル駆動用電源、ECU 2S端子がリレーコイルマイナス、になります。黒のGNDはコンデンサファンのマイナスに繋げます。


これがハーネス側のカプラ。うちの車は元々エアコン付きだったので、ファン側のカプラ―があったはずなのですが取り外した際にどっか行っちゃっていました。カプラ―オンにしたかったですが仕方なく純正ハーネスに割り込みで配線しました。


ISCVの配線も見直し。信号線(2線ISCVなので要はマイナス)と電源線にまたがってダイオードが接続されています


電源を適当なところからもらっていたのですけど、純正ハーネスからもらうように変更。
本来ISCVはエンジンハーネスにダイレクトに接続されているのですが、削除されてしまって存在しなかったので、使ってないこちらのカプラからもらうように変更しました。


使わない他の配線は端子から引っこ抜きました。スッキリ。
純正だと水温センサーが繋がっているカプラ―ですが、ファンコントロールをMoTeCにやらせた時点でそもそも純正水温センサーは要らなかったんです。もっと早く除去しておくべきでした。


15.6インチのNEC VersaProが大食いで、今までのDC/ACインバーターだとキャパが足りず。よく見かけるこいつに変更。130wでギリギリ足りてくれそうです。

これで無事に予定していた作業がすべて終わり、テスト結果もエラーなし。後付けの配線がごっそり間引けて見た目がずいぶんスッキリしました。純正配線準拠なのでトラブルシュートも楽になりますし、そもそも純正の配線って振動対策が丁寧に考えられているので配線切断の可能性がぐっと少なくなるのが良いですね。

ただ・・・・昨日のがっかりがあるのでゲン担ぎで助手席の椅子はまだ戻さないでおこうかなと。椅子の脱着、萎えるんですよね。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system