TOP -週末の楽しみ〜ROADSTER SIDE〜その六 -週末の楽しみ895

パワステ改重ステ 2

肝の部分が無事に完成したので元通りに組み立てて装着します。


ロータリーバルブからピストンへパワステフルードを圧送するパイプは不要になります。パイプを除去してしまいたいので、固定用のフレアナットを加工しています。
7mmのドリル刃で掘って・・・。



M8のタップを立てました。


フレアナットにM8ボルトをシールテープを巻いてねじ込んで完了。
パワステポンプに繋がっていた2本も同様の処置をしたいところですが・・・なんかこれはこれで良いかなと思ったりも。


シールがあってもステアリングの重さには影響がないのですが、ラックの左右のピストン室から生えている配管は除去できません。両者をつないでエアが行き来できるようにしました。


左側がラックの下側。
上下にベアリングがあり、下側はナットでピニオンに固定されます。
上側のベアリングはスナップリングでケースに固定されます。外周にOリングがハマっています。
黒いのは今回不要になったロータリーバルブ。
トレイの外にあるスナップリングは元々ロータリーバルブとベアリングの間にはまっていたもの。このスナップリングがベアリングの位置を決めています。



先に下側のベアリングを入れます。外周がボアに密着するのでややきつい。21mmのコマを当てて軽くプラハンで叩いて入れました。


バネ仕掛けのメタルでラックが押しだされているので、ラックを押し下げながら挿入しないとピニオンが入りませんでした。入ったら軽くナットを掛けておきます。


上側のベアリングはスコッと入りました。抜くときにピニオンにペーパー掛けたやつですね。
スナップリングを嵌めて固定。


ユニバーサルジョイントを取り付けてタイヤレバーをかまし、下側のナットを本締めします。


一度ユニバーサルジョイントを取り外し、グリスをたっぷりくれてカバーを付けて再度取り付け。
Oリングのようなものが見えたような気もするので、メンテナンスフリーなのかもです(整備書貸し出し中で確認できず)。


ステアリングラックの根元っていつも汚くて嫌でした。綺麗になってとても気分が良いです。
見えている14mm、インパクト掛けてもブレーカーバーで挑んでも回りませんでした。ラスペネ大明神漬けでもダメ。この中にメタルとそれを押すスプリングが入っているはずです。スプリングが入っている、ということはワーゲンさんと違って当たり調整は不要、ばらす必要はないのですけど拝んでみたかった。

# 2023/08/01 追記

パーツリストの絵を見ていて分かりました。この大きな六角、これがロックナットなのです。完全に本体の一部分に擬態してて騙されました。
ロックナットということは、バネのイニシャルが調整可能ということです。ただ、ピニオンを取り付けた時の感触だとバネのレートは高くないので、数ミリイニシャルを増やしてもあまり押し付ける力は変わらないような気もします。
/追記


ラックをメンバーに戻す前にメンバー側もお掃除。ラックの陰になる部分がかなりドロドロでした。


気持ちいい。


インターミディエートシャフトが見えます。こいつのセレーションをユニバーサルジョイントにぶち込むのですけど、でっかいラック全体を動かしながら位置を探るのでやや難易度が高いです。


運転席側のタイヤハウスから覗き込んで、セレーションにユニバーサルジョイントを押し当てます。シャフトにはボルトの入る切り欠きがあり、そのちょうど180度裏側に一本だけ幅の広いセレーションがあります。ユニバーサルジョイント側にも同形状の幅の広い溝があり、両者を合わせないと挿入できません。


左手で位置を出しながら、右手にプラハンをもってコンコン叩きます。
ラックが落っこちないよう、助手席側の一本だけラックの固定ボルトを入れておきました。


上手いこと入りました。


ラック固定ボルト4本をねじ込んで完成。ノンサポデンシ製トリガープレートがちらっと見えます。


取り外す前に打っておいたマーカーを頼りにタイロッドエンドをナックルに固定。
ステアリングがまっすぐになってくれてると良いのですけど、ラックとピニオンの関係が変わっているのでどうなるでしょう。


ロータリーバルブの中を覗くと大きめの穴とその両側に溝があります。溝の中に小さな穴がそれぞれ開いています。


加工前のピニオン。ロータリーバルブと同じ位置関係に溝が切られています。
ロータリーバルブ/ピニオンに開いている大きめの穴はポンプからのフルード供給/リターン用。ステアリングが切られてトーションバーが捻じれてピニオンとロータリーバルブの位置関係がずれると、大きめの穴から溝にフルードが流れ込み、小さな穴を通ってラックのピストン室に向かいます。他方のピストン室からは逆にフルードが押し出されて、別の溝の小さな穴→大きめの穴→ポンプに戻る仕組みなんですね。





TOPへ  
 
inserted by FC2 system