リアスタビ自作

私のNA8CのスタビはフロントNB8、リアマツダスピードNA6CE用に替えられています。
ちなみに純正スタビの太さは、
NA6用フロント19mm、リア11mm
NA8用フロント20mm、リア12mm
NB8用フロント22mm、リア12mm(RS)
NB6用フロント19mm、リア11mm(RS以外)
となっています。
マツダスピードスタビの太さは
NA6用フロント22mm、リア14mm
NA8用フロント23mm、リア14mm
NB8用フロント23mm、リア15.2mm
NB6用フロント22mm、リア15.2mm

私のは20-12mm→22-14mmになっている訳ですね。もうちょっとレートの高いリアスタビを試してみたいな、と思っていたのですが、スタビって車種別専用設計なのでサスのように気軽に替えられるような値段じゃありません。そこで作ってしまおうと思いつきました。


NA8のフロントスタビは20φですからリアに流用するにはちょうど良さそうな太さです。たとえばノプロのリアスタビは19φです。 両者を比較してみると、ねじれる部分の長さはほぼ同じ、違いはスタビリンクにつながる腕の部分の長さと形状です。


かなり長さに差があります。てこの原理を考えると同じ太さのスタビだったらフロントの方がレートが低いことになるんですね。形状も違うので合わせてやる必要があります。


万力にはさんでバーナーであぶり、曲がりを変えます。


まっすぐにもどしてやって赤い部分を切り取ればOK。


溶接して出来上がりです。結構な力が掛かるのでアークではなく、近所の鉄工場に持ち込んでTIGで溶接してもらいました。一旦端部をそれぞれテーパーに削りこんでTIGを盛って繋いであります。スタビリンクにつながる部分はちょっと角度がついています。純正リンクを使う場合は多少シビアにあわせた方が良いんですけどピロリンクなら首を振れるので大体合っていれば大丈夫です。



塗装して取り付けるとこんな感じになります。うーん太い。メンバーへの取り付けはフロントに使っていたときのをそのまま使います。ボルトの通る穴を少しだけ丸やすりで長穴にしてやる必要があります。
# 車高調のねじが目いっぱい巻かれているのは車検のため。今止まっていても常時フルブレーキングしている感じのMBW号。

TOPへ

inserted by FC2 system