ブレーキダクト取り付け

以前は走行会でも14インチホイール(トムスの井桁やバタナベ、SSRメッシュなど)を使用していたんですが、この頃はどうしてもブレーキのエア噛みが発生してしまい春秋の30分の走行でもエア抜きとプレブレーキングが必須でした。これが15インチのエンケイRP01にしてからぐっと軽減されホイール形状・径により熱抜けにこんなに差が有るんだとかなり驚きました。
これなら良く見かけるアルミホースのブレーキダクトも効果があるんじゃないか...

ブレーキに熱問題を抱えてるんですからもっと昔にやるべきだったんですけどね(^^;
何となく面倒くさくてやらなかったブレーキダクトを製作する事にしました。


車体前側から助手席側の足回りを眺めたところ。
ダクトを通せる隙間なんてあるんだろうか..と思いながら改めて確認してみると、思いの他広々とスペースが空いてますね。ステアリングを切ってみましたがそれほど問題無さそうです。


これだけスペースがあるなら以前にインテーク用にダクトを引いた残りを使う事が出来ます。車用品として売られているアルミダクトはなぜかすごく高いんですが、75φのこのダクトはホームセンターで1000円ちょっと位で買えちゃう。


固定はお手軽タイラップで、スタビとアッパーアームに適当に留めています。もう少しキャリパー近くまで引っ張って来たいところですがステアを切ったときにブレーキホースが当たらない所までとなるとこれで限界です。ちょうどスタビにタイラップが掛かった辺りが195-55/15のSタイヤを履くと当たってしまうので少しへこませて有ります。14インチならそのままでOKです。


取り入れ側はクラブマンノーズのブレーキ用の穴に繋いでます。ちょっと見にくいですがステンレスのステーを後付けして、タイラップで固定してあります。これならフロントバンパーの取り外しに影響はありません(私のバンパーは作業や積載車に積む際にすぐ外せるようにフェンダー前側との接続を省略してあります)。
ちなみにこのステーは先日役立たずだったヤツ(^^

TOPへ

inserted by FC2 system